【佐倉市】テイクアウト列へ割り込み男、注意されカッとなり男性客を切りつける。

新型コロナウイルス対策としてテイクアウトを販売している飲食店が増えています。テイクアウト販売中の店舗前で男性客を包丁で切り付けたとして、佐倉署が傷害の疑いで佐倉市の自称無職の男(50)を現行犯逮捕していたとのことです。逮捕は9日付。切りつけられた方は軽傷で命に別条はありません。千葉県警は詳しい動機などを調べています。

パトカー

画像はイメージです

報道によると、男は9日午後0時50分ごろ、国道296号沿いにある同市上座の飲食店のキッチンカー前で、テイクアウト販売に並んでいた男性客(38)の腹部を持っていた包丁で切り付け、軽いけがをさせた疑い。店が110番通報をしました。男は「並び方を指摘されて憤慨した」と容疑を認めているようです。

当時数人がカレーなどを求めて並んでいたが、男は列に割り込んで一番前に並んだり、大声で「商品を安くしろよ」などと繰り返したため、店主男性(41)が注意。男はいったん、その場から立ち去ったが、約10分後に包丁を手に戻ってきて、「ぶっ殺してやる」などと客を切り付けたとのことです。

包丁を持つ男

画像はイメージです

男は酔った様子で、戻ってきた際、母親と思われる高齢女性も近くにいました。女性は店主に「(男は)仕事がなくてイライラしているんです」と謝ったそうです。

テイクアウトは緊急事態宣言が発令されて外出自粛をしている今、日本中でとても需要のある販売方法です。割り込みなどのトラブルを起こさないようにルールを守って購入しましょう。今回のような事件が二度と起こらないように願っています。

場所は佐倉市上座です↓↓

 

2020/05/12 07:30 2020/05/13 14:22
きなこあげぱん
ジモネタ佐倉市
号外NET他の地域

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集